“昨今は女性も男性同様に薄毛に悩まされている方が増えていますが、一言で薄毛と言っても様々な種類に分けられ、特に女性に多く見られる特性があるのがびまん性脱毛症です。

びまん性脱毛症は頭皮にある頭髪がまんべんなく薄くなる様子の事を指し、全体的に密度が少なくなってしまう様子で絶対量が少なくなった髪の毛の隙間から、地肌が透けて見えてしまいます。

つまり、男性に見られるように頭頂部などがピンポイント的に抜け毛が生じるのとは相反する形になり、全体的なボリューム感も損なわれてしまうため外見上の見た目年齢が著しく老け込みます。

そうした薄毛の中でも種類が存在するびまん性脱毛症はさらに細分化されており、大きく分類すれば慢性休止期脱毛症もしくはFAGAのどちらかに分ける事ができます。

どちらも薄毛になるという結果には変わりないのに原因が異なり、当然の事ながら行うべき治療方法にも差異があります。

FAGAが原因になっている時は男性に起こる症例と同じように体内の男性ホルモンが要因になり引き起こされており、女性の場合だと女性ホルモンが減少する反面男性ホルモンの割合が高まり始める40代後半を境にして顕著になります。

しかも、50代を超えると女性の全体の半分以上の割合でFAGAになるほどなので決して珍しくはないものの、大きな悩みとして抱えている方はその分多いという事です。

このようにFAGAについては医学的に男性ホルモンと女性ホルモンの割合が影響しているという事が指し示されているのですが、慢性休止期脱毛症については今日においても原因が医学的に判明していないのが実情です。

そのため、手探り状態になっているのは否めないのですが今の所有力であると考えられているのが、日々を過ごす生活習慣が大きく影響しているという事です。

生活習慣は身体を生成するために直接的に影響するため、乱れが生じてしまえば当然ホルモンのバランスも乱れるので、やはり慢性休止期脱毛症でもホルモンが影響しているという考え方は根強いです。

育毛剤は男性と女性は基本的に違うものだと思ったほうが良いです。薄毛になる原因や症状が違うのに、無理やり同じものを売ろうとしているのはどうかと思います。それに男性は抜けてしまって【ハゲ】になりますが、女性は髪の毛が細く痩せる薄毛なのできちんとケアをして栄養を届けてあげると髪の太さを取り戻しボリュームが戻ってきます。詳しく知りたい方はこちらを参考に。育毛剤 女性